結果に直結しないブライダルエステ

ネットの口コミサイトの一番の問題はお客になりすました他人の書き込みです。つまり業界の人間がブライダルエステの悪いウワサや、悪い情報を意図的に書き込むことで、競合する他店を潰しにかかるのです。

これをされると競合店はたまったものではありません。今や正直真面目にエステ施術を行っていても、ネットに書き込まれるウワサによって、商売が出来なくなります。多くの企業が頭を抱えているネットのガセネタ問題にエステ店も同様、敏感になっているのです。

しかし中には本当に結果に直結しないブライダルエステ店もあります。しかしその数は極めて稀で多くのエステ店が真面目にお客さんの事を考えながら、施術を行っているのです。では、ネットの口コミ情報の信憑性が正しいかそうではないかの大きな違いは、まず口コミサイトの情報に掲載されている情報提供者の信憑性です。

いわゆる匿名サイトなどに書き込みをする人の情報は信用してはいけません。こちらは真剣に探しているのに適当な事を言う人の、ブライダルエステの口コミなんて信用できませんよね。あくまで情報提供者はその素性を明らかにした上での情報提供が求められます。

そんな時に活用できるのがFacebookの活用です。Facebookは基本本名での登録ですし、情報提供者の素性は公開されています。彼女たちが実際にブライダルエステを利用したブログを読むことで、実体験の信憑性は高まります。また嘘ではない生の感想を知る事ができるでしょう。

自作自演の口コミに惑わされぬように

ネットの口コミでもっとも厄介なことの一つに、自作自演の書き込みがあります。これは競合する店舗潰しを目的に、他のエステ店の人間がお客さんに成りすまして、書き込みする行為をいいます。

自作自演の書き込みの特徴はハッキリしています。まず自作自演の人の場合、口コミの内容がやたらとリアルであるという事と、専門用語を多用しているという事に尽きます。

彼らの書き込みを読んでいると、まるでエステ店ライターではないかと思うような、詳細を知る事が出来る上、使っている化粧水やスキンローションの原価や原料そして危険性、店舗の利益率といった普通の人が当然知る事もないような事まで、詳細に書き込むのです。

また本人は自覚していなくても、それが無意識に書き込まれているので、エステ初心者が見ると、よりわかりやすいのが特徴です。昨今、結婚を希望する女性の数が相乗的に減少してきている日本にあって、さらに少子高齢化による結婚人口の減少がブライダル産業全体の売り上げを押し下げています。

そんなブライダル産業の中でも極めて小さなパイの奪いあいをしているブライダルエステですので、潰し合いがあってもおかしくありません。そんな潰し合いの手段の一つに、自作自演でエステ店をネット上で批判する方法があるのです。

確かに匿名の口コミサイトで自由に勝手に他店を批判でき、それで相手側に何らかのダメージを与える事が出来るのですから、こんな便利な方法はないでしょう。適当な口コミに惑わされ無い方法は、まず情報提供者の信憑性を知る所から始めなくてはなりません。

結婚式までに間に合わない施術

ブライダルエステの場合、最短で2か月で施術を間に合わせなくてはなりません。それは結婚式の期日であり、それまでにウエディングドレスが入らないと、晴れの舞台が台無しになってしまうからです。

それ故本人も必死ですし、ブライダルエステを提供するエステ店側も本来は必死になります。しかしモチベーションに対して、本人とエステ店側に温度差がある事があります。それがブライダルエステに間に合わない施術をするエステ店の危険フラグだったりします。

ブライダルエステは結婚式までになんとかして、希望の体型に仕上げなくてはならないため、エステ店側があらゆる配慮を行いそれに何としてでも間に合わせるのが通常です。

しかし決まった期間の月会費を一発で支払い、その後エステ店に予約の連絡を入れても、なかなか予約が取れなく渋々自分でエクササイズをして、理想的な仕上がりを手にいれたという女性も多いのです。

またこれがちょっとした心理マジックではあるのですが、自分で努力して手に入れた理想的な身体も、エステ店に通って手にいれた理想的な身体も仕上がり全く一緒ですので、結果を手に入れてしまえば、エステ店の非を追求しようとしなくなります。

つまり欲求が満たされた事で、それで満足してしまうのです。ネットの口コミなどで、声がなかなか反映されないエステ店の傾向が、こういったブライダルエステ店であり、結果的に自分で頑張って理想的な身体を手に入れさせようとする横着なエステ店なのです。

肌の後遺症に悩まされることがある

なかなか自分の肌質と合わない化粧水や保湿液をエステサロンで使うと、肌に湿疹ができたり炎症を起こしたりする場合があります。同様に肌質に合わない脂肪吸引機や脂肪燃焼マシンなどを、ブライダルエステの施術で使用すると、時としてシミや吸引跡が一生残ってしまう場合があります。

またネットの口コミや評価サイトでも、エステ店側の落ち度で肌の後遺症が残ってしまうという口コミは少なくありませんn。肌の後遺症の最たる例が、脂肪吸引です。脂肪吸引の場合、気になる部位に直接掃除機の口の部分のようなものを当て、そこから一気に吸引していきます。

とても強力な力で吸引していきますので、肌の水分量の少ない体質の方や、肌の復元力の弱い女性などはそれがなかなか取れない状態になってしまいます。こうなるとやがて一生の跡として残る場合があり、非常に嫌な思い出になってしまうのです。

こういった事がもし起きた時は、速やかに使用を停止しエステ店へ出向き、症状を説明し専門医の受診をしてください。もちろん治療費はエステ店側が負担するのが当然です。

しかし中にはお客さんの肌質の瑕疵、また最初のカウンセリング時の問診に虚偽があったと主張し、費用負担に応じないエステ店もあり、泣き寝入りしている女性も少なくありません。もし肌の後遺症が起きそうなのであれば、速やかに使用を中止するということと、その後のサロン側の対応を見極める必要があります。

また対応が良ければ素直に口コミサイトで評価すれば良いですし、悪ければ悪い評価として事実を下せばいいのです。